クレバーハンドトップへ


本日の依頼は、PANERAI LUMINOR GMTのメンテナンス。

本日の依頼は、PANERAI LUMINOR GMTのメンテナンス。
こちらのムーブメントは、ETA 77系をベースにGMT機構を搭載して下ります。
上の2つの画像は、経年変化による摩耗の跡になります。1つは切換車の摩耗により黒く煤があります。もう1つは、ゼンマイの芯の摩耗ガタにより角穴車がプレートに当たり擦りして下ります。
切換車は交換、芯のガタは穴詰めして角穴車の振れ取りを行います。
この他にも細かい調整作業工程を経て完了ですね。
部品の交換が、頻繁に行われて下りますがこの様に症状が確認されているからなのですょ〜。闇雲ではないんですょ〜。
もちろん予算ありきですので、お客様に相談は致します。
でも、転ばぬ先の杖って事も御座います。ご理解頂けると幸いです。

メンテナンス費用が気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Copyright © CLEVERHANDS, All rights reserved.