クレバーハンドトップへ


本日の依頼は、ROLEX Ref. 69173Gのメンテナンス。

本日の依頼は、ROLEX Ref. 69173Gのメンテナンス。
ムーブメントは、もう大分馴染んでいるCal. 2135ですょ。
今回は、カレンダーの切り替わりの不具合の修理ですね。一番、発生件数が多いのがカレンダーの半替わりです。この症状を放置しますと完全に替わらなくなります。
原因の軽い順に紹介しますとカレンダー送り車の油切れ、カレンダー規制ジャンパーのバネ圧不具合、一番最悪なのがカレンダー板の歯欠けの段階ですね。
今回は、ジャンパーのバネ圧が強く送り車の力に勝っている事が原因でした。
ジャンパーのバネ圧と角度を正し位置に調整して修理完了ですょ。
交換部品は、発生しませんでした。良かったょ〜カレンダー板の入手が難しい上に入荷したとしてもとっても高価なんですょね〜。
後は、基本的メンテナンスを行い完了です。もし、この様な症状のROLEXを所有している方がいましたらカレンダーの早送りして確認してみて下さい。早送り出来ない日付がある場合は、歯欠けしている可能性が高いんです。

メンテナンス費用が気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Copyright © CLEVERHANDS, All rights reserved.