クレバーハンドトップへ


本日の依頼は、HUBLOT BIG BANG のメンテナンス。

本日の依頼は、HUBLOT BIG BANG のメンテナンス。
こちらのムーブメント(Cal.2894-2)は、カレンダー付き2階建てになります。
以前のBVLGARIのクロノグラフと同じ機械を搭載して下ります。前回同様、消耗品の交換と各板バネ等の調整を行ってクロノグラフの動作をスムーズに致しました。油が乾くとプッシュボタンの動作が硬く渋くなってしまいます。
クロノグラフユニットがその調子だと、どうしてもベースムーブメントに影響が出てしまいます。
それよりも目を惹くのが文字盤です‼︎
まるで関西圏のオバちゃんか!(◎_◎;)
インパクト大です‼︎
同時期にROLEX DAYTONA にも同じ様なモデルが発売されて下りました。

作業内容は基本的O/Hとゼンマイ交換に切換車交換を行いました。
ETAベースの時計ですので、扱いも可能でしたが搭載ムーブメントによっては受付を御断りしている時計も御座います。
ご確認下さいませ。

メンテナンス費用が気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Copyright © CLEVERHANDS, All rights reserved.